見直しってかなり大事です。絶対やったほうがお得!

毎年の自動車保険が高く、保険の見直しを行っています。

 

毎年9万円もの保険を払って4年たちますが、1回も保険を使用したことはありません・・・・

 

保険なので仕方ないとは思いつつも、4年間で36万円も無駄に払ったようにしか思えませんし、何より安心のための保険が家計を圧迫しているのは本末転倒ですので、少しでも安くなるように見直しを使用と思っています。

 

 

私の保険で高くなっている原因が、車両保険だということが判明しています。
保険に入るとき、営業の人に強く勧められたため入りましたが、車両保険のいくつか種類がある中で、一番手厚い「一般車両保険」というものに入っています。

 

 

任意保険では他車や他人に対してしか補償がないので、車両保険で自分の車の補償にするのですが、この一般車両保険はほぼ全ての事案に対して補償してくれるんです。

 

 

当て逃げ、飛び石、自損事故、洪水など、自分の車に損害があったものにたいし、お金が支払われるのですが、補償の範囲が広い分、掛け金がやたらと高いんですよね。

 

 

最初は新車と言うことで、何かあったときの安心のためにと入りましたが、この4年特に何もなくすごしてしまいました。
ですので、次回の更新の際は補償の範囲を狭くしたものに変更しようと思っています。

 

 

当て逃げなどには補償されなくなってしまいますが、確率的にはかなり低いですし、何より少しでも保険金を安くしたいですからね。
何にしても、今後も安全運転をして自己の内容に心がけていきたいと思います。

 

自動車保険の見直しはコチラ

 

災害による被害は車にも・・・

先月の大雨で水没した我が家の車が、ついに動かなくなってしまいました。

 

最初はちゃんと動いてはいましたが、今月に入ってからエンジンのかかりが悪くなり、ついにエンジンがかからなくなってしまいました。

 

ディーラーの人にきてもらったのですが、やはり水没が原因でエンジンや電子機器の部品にダメージがあるようです。

 

直すのには部品の交換が必要らしく、それには数十万円もかかるとのことです。

 

 

水没した車は買い取りをしてくれるところもないですし、下取りに出すこともできないようなので、泣く泣く廃車にしようと検討しています。

 

幸い2台あるうちの1台はたまたま子供が使っていて水没を免れたのでよかったのですが、やはりショックは大きいです。もともと買い物にしか使用していなかった車なので、しばらくは無事な1台でやっていこうとは思っています。

 

 

廃車の手続きは結構めんどくさそうなので、廃車を代行して行ってくれる業者があるそうなので、そこへ依頼しようと思っています。

 

 

廃車をするためには陸運局まで車を持って行って手続きをする必要があるので、動かなくなった車を持って行く手段もありませんし、業者に依頼した方が楽ですよね。代行料はもったいないですが、動かない車をそのまま家に放置するわけにもいきませんし、今日にでも廃車の代行業者に連絡をしようと思います。

 

 

仕方ないとはいえ、あの大雨がなかったらと考えてしまいます。車は電子機器もしようしているので、車内まで水が浸入してしまうと、車の寿命は大幅に縮んで遅かれ早かれ故障してしまうみたいですね。

 

 

しばらくは1台でやりくりをして貯金をしていく必要がありそうです。幸い私は電車通勤なので、自動車を使用するのは買い物の時くらいでしたので、なんとかやってはいけそうです。

 

水没した車の処分方法

更新履歴